CD PROJEKT RED、TRIGGER(@trigger_inc)、Netflix(@NetflixJP_Anime)の3社による、オリジナルアニメーションシリーズ『サイバーパンクエッジランナーズ(原題)』が発表!本シリーズは2022年に公開される予定です。詳細はこちら:https://t.co/Q4UuleICwA #サイバーパンク2077 pic.twitter.com/ure4pCTwWV— CD PROJEKT RED Japan (@CDPRJP) June 25, 2020
CD Projekt REDは、配信イベント「Night City WIRE」の第1回放送において、CD Projekt RED、TRIGGER、Netflixの3社によるオリジナルアニメーション作品「サイバーパンクエッジランナーズ(原題)」を発表しました。本作は『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』と同じ世界を舞台にしており、2022年にNetflixにて配信予定とのこと。

『サイバーパンクエッジランナーズ』は、テクノロジーと人体改造が一般化した巨大都市で、多くの犠牲を払い困難を乗り越えながらアウトローの傭兵――すなわち“サイバーパンク”の道を歩んだ少年の物語を追う、10話構成の『サイバーパンク2077』スピンオフ作品です。

監督を『天元突破グレンラガン』『キルラキル』『プロメア』の今石洋之が務め、副監督に大塚雅彦、キャラクターデザインに吉成曜と金子雄人、クリエイティブディレクターに若林広海、シリーズ構成に宇佐義大を起用。CD PROJEKT REDのストーリー原案をベースに、宇佐義大と大塚雅彦が脚本を担当するなど、TRIGGERの総力が結集されます。さらに本作の劇伴制作は、「サイレントヒル」シリーズで知られる山岡晃さんが手掛けます。