Rabbit & Bear Studiosは、新作RPG『百英雄伝』PC版のSteam配信が決定していることを明かしました。現時点で決まっているのはSteam版のみで、その他のプラットフォームでのリリースについては後日の発表になるとしています。

今回はその他にも幾つかの新情報が発表されました。なお、詳細については、こちらのページからご確認ください。

・ベータ版アクセス権は全てのダウンロード版に付与される

・デジタル版のみの新規リワード
ダウンロード版ゲーム+デジタルアートブックダウンロード版ゲーム+デジタルサウンドトラックデジタル版デラックス(デジタルアートブック、デジタルサウンドトラックを含む)
・パッケージ版、ダウンロード版が選択可能に
上位のリワードにパッケージ版を求める声があったことから、60ドル以上のパッケージ版ティアではダウンロード版とパッケージ版のゲームをどちらか選べるように。対象者にはキャンペーン終了後に送られるアンケートでどちらかを選択可能。

・対応言語(このアップデート配信時)
英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、日本語、中国語簡体字、中国語繁体字
さらにKickstarterのページでは、『百英雄伝』を題材にしたソーシャルゲーム「要塞の町の再建」が遊べるようになっています。これを遊ぶことで追加のリワードが解放されて行く模様です。


僅か数日で総額2億円以上の資金調達に成功した本作。名作RPG『幻想水滸伝』のスタッフに込められた世界中のファンの期待の大きさがうかがえます。

今回のKickstarterプロジェクトは、支援者のあまりの反応に最初の24時間はアクセスしづらい状態になってしまいました。そのため、Kickstarter側が期限を1日延期して8月29日までの実施となっています。

※UPDATE(2020/7/30 13:20):本文中の誤用を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。