Activisionは、『Call of Duty』シリーズ最新作となる『Call of Duty: Black Ops Cold War』について、海外PS/Xboxの様々なエディションについて詳細を公開しました。

発表ではPS4/Xbox Oneのデジタル/パッケージ版のほか、PS5/Xbox Series Xのパッケージ版、それぞれのコンソールの両世代のデジタル版を同梱した「Cross-Gen Bundle」と、そこにいくつかのDLCを加えた「Ultimate Edition」の詳細が明かされています。さらにこの中で、各エディションの次世代機アップグレードの仕様も公開されました。


まずデジタル通常版は、PS4/Xbox Oneとも、次世代機へのアップグレードオプションが付属。またPS4パッケージ版はPS Storeからアップグレードでき、PS5での起動にはディスクが必要となります(そのためディスクレスモデルでは起動不可)。一方Xbox Oneパッケージ版ではアップグレード非対応となっています。


次に次世代機パッケージ版については、PS5版は通常通りにPS5のみで起動するディスクが含まれているだけですが、Xbox Series X版にはXbox One版のディスクも同梱。Xbox Oneパッケージ版での次世代機アップグレード非対応にあわせた処置と思われます。


最後に「Cross-Gen Bundle」ですが、こちらはPS版とXbox版ごとにそれぞれの両世代デジタル版が同梱されています。まず、現地時間2020年11月13日にPS4/Xbox One版が解除。PS5/Xbox Series X版は次世代機の発売後、アカウントライブラリに自動で追加されます。

なお発表では、PS4/Xbox Oneのデジタル/パッケージ版ともに後方互換性を利用して次世代機でのプレイが可能となることも明かされています。もちろん、より高いフレームレートやハードウェアベースのレイトレーシング、ロードの高速化といった次世代機独自の機能は利用できないとのことです。

『Call of Duty: Black Ops Cold War』は、PC/PS4/Xbox One向けに現地時間2020年11月13日発売予定。PS5版はアメリカおよびカナダで2020年ホリデーシーズン、その他の地域では2020年末、Xbox Series X版は2020年末に発売予定です。

※UPDATE(2020/8/27 22:40):Xbox Oneのデジタル通常版についての記述を修正しました。コメントでのご指摘ありがとうございました。
※UPDATE(2020/10/1 19:21):一部表記を変更しました。