M2とセガは、「東京ゲームショウ2020 オンライン」の公式配信番組「セガアトラスTV」にて、12月24日発売予定のシューティングゲーム『アレスタコレクション』にゲームギア用新作シューティング『GGアレスタ3』を収録することを発表しました。

本作は「ゲームギアの限界を極めた」とするゲームギア24年ぶりの完全新作。公開された特報映像では、高山箕犀氏デザインによる主人公「リュナ・ワイゼン」のデザインと実際のゲーム画面を確認することが可能です。

『アレスタコレクション』は、セガ・マークIII用に販売された『アレスタ』や、海外のみで販売されたセガ・マーク向け作品『POWER STRIKE II』など4種類のシリーズ作品の収録が発表されていました。今回の新作により、収録ゲーム数は5本になります。

【セガパートナーズタイトルステージ】12月24日発売のシューティングゲーム『アレスタコレクション』の隠し玉はゲームギア24年ぶりの新作『GGアレスタ3』でした。魅力と新情報を、エムツー堀井社長とともにお届けしました! pic.twitter.com/D4OHIkkbqU— セガ公式アカウント (@SEGA_OFFICIAL) September 26, 2020
『GGアレスタ3』が収録される『アレスタコレクション』はPS4/ニンテンドースイッチ向けに2020年12月24日販売予定。価格は通常版が6,800円(税別)、ダウンロード版が4,500円(税別)です。同日には生産数限定の「GGミクロ同梱版」が14,800円(税別)も販売予定です。

また、今回の発表にあわせてM2では「実際にゲームギアで本作を発売していたら」とする架空パッケージの写真を公開しています。

もし本当にゲームギアで発売されていたら…?ということで、架空パッケージを作ってみましたがどうでしょう。 #アレスタコレクション #アレスタ #コンパイル #M2STG pic.twitter.com/YnOsYvyFpu— 有限会社エムツー (@M2_game) September 26, 2020