GAME SOURCE ENTERTAINMENTは、RocketPunch Gamesの手掛ける『ハードコア・メカ』をニンテンドースイッチ向けに発売しました。

同作は、まるでスーパーロボットゲームのような動きを、実際に自分の手でメカを操作して体験できるアクションゲーム。物語に沿って主人公機「サンダーボルト」を強化・装備変更しながら、全18ステージを戦い抜くストーリーモードの他、CPUも交えて最大4人での対戦可能なマルチプレイが存在。対戦モードでは任意にメカから降りてパイロットとして戦うことも可能です。



さらに、ストーリー攻略後にはサバイバルシミュレーションが開放。このモードでは好きな機体でエンドレスな戦いを繰り広げることができ、機体の任意の性能の強化や発展型機体の開発要素、ハクスラARPG的な武器や装備パーツの収集選別要素もあります。Game*Sparkでは過去にPC版のプレイレポも掲載しているため合わせて御覧ください。


パッケージ版「ファイターエディション」では過去に発売されたDLCの殆どを収録。先日配信されたばかりの「天元突破グレンラガン」とのコラボDLCは後日配信予定です。なお、本作の対戦モードでは、特定のコードを入れることで登場するキャラクターとメカも存在。一部主要キャラクターは、このコードを通じて使用可能となるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

ニンテンドースイッチ版『ハードコア・メカ』は、パッケージ「ファイターエディション」4,380円(税抜)、ダウンロード2,750円(税抜)にて発売中です。なお、Steam/PS4でも以前から発売されています。