Dreams UncorporatedとModus Gamesは、ファンタジーRPG『Cris Tales』のリリースを2020年11月17日から2021年初頭に延期することを発表しました。

公式サイトの開発者メッセージによると、延期の理由はゲームの精度をより高めるため。本作の特徴的なシステムである「過去・現在・未来の3つの時代が同時に進行」を実現するため、「ほとんど3つのゲームを同時に制作している」状態であるとしています。また、これまでイベントやデモ版などでよせられたさまざまなフィードバック対応したいというコメントを残しています。

本作は『クロノトリガー』『ファイナルファンタジーVI』『ヴァルキリープロファイル』などの日本のRPG作品にインスピレーションを受けて開発されている作品。3つの同時に進行する時代はストーリーに絡み合うだけでなく、戦闘で敵を別の時代に送って攻撃を同期させる、などの特殊な使い方もできるようです。





『Cris Tales』は2021年初頭にPC/海外PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチ/Stadiaでリリース予定です。