アークシステムワークスは、2021年4月9日に発売を予定している対戦格闘シリーズ最新作『GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)』の購入前FAQを公式サイトにて公開しました。

これによれば
クロスプラットフォームプレイ:
PS4とPS5間でのみ実装予定。アーケード版やSteam版では対応予定無し。PS4版とPS5版の違い:
解像度やロード時間など再生時のスペックによる差のみで、ゲーム内容に違いは無し。PS4版においてパッケージ版とダウンロード版共に、PS5版への無料アップグレードに対応。PS4パッケージ版の場合はディスクドライブのあるPS5本体で再生する必要有り。DLCはPS4とPS5で共通。PS5の後方互換機能を使ってのPS4版再生時は最大解像度1080pSteam版のアルティメットエディションやアーリーアクセスは無し。
などが明記されています。実際の問答形式での記載やアーケードコントローラー対応、PS4/5版におけるアーリーアクセスの時点で遊べるモードなどは公式サイトをご確認ください。



更なる進化を遂げた『GUILTY GEAR -STRIVE-』は、PS4/PS5/PC(Steam)を対象に2021年4月9日発売予定。スタンダードエディションは、8,580円(税込)。シーズンパス1や楽曲とアートワークを収録したデジタル『サウンド&アートワークス』、アルティメットエディション 特別カラーや、通常発売日より3日早くプレイできる権利が付属するアルティメットエディション(PS4/PS5版のみ)は、13,750円(税込)で現在予約受付中です。