『デビル メイ クライ 5』の次世代機対応版として11月12日に発売予定となっている『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』ですが、カプコンは本作の特徴の1つである“レイトレーシング機能”がXbox Series S版では利用できないことを海外公式Twitterアカウントにて明らかにしました。

An update on ray tracing for #DevilMayCry 5 Special Edition on Xbox Series X|S. pic.twitter.com/OCRcGRw5bl— Devil May Cry 5 Special Edition (@DevilMayCry) October 27, 2020
Xbox Series X版に関しては発売日以降に配信されるタイトルアップデートでレイトレーシング機能が追加予定。4K解像度も利用可能です。開発チームは「どちらのゲーム機も次世代の驚異的なスピードとパフォーマンスを実現しており、今Xbox Series X|Sの全機能を探求し続けている」と伝えています。


その他の最大120fpsの高フレームレート、強化された3Dオーディオ、ロード時間の短縮、新難易度「レジェンダリーダークナイトモード」、ターボモード、新プレイアブルキャラクター「バージル」といった機能はPS5/Xbox Series X|Sの両機で利用できるとのこと。