ライアットゲームズは、PC(Steam/Epic Games)/PS5/PS4/Xbox One/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチ対応ソフト『Ruined King : A League of Legends Story(ルインドキング ア リーグオブレジェンド ストーリー)』を2021年初頭に発売すると発表しました。

本作は、『League of Legends』の世界観を継承したシングルプレイ専用ターン制RPGです。同作の世界観を継承した2つの地域が舞台となっており、海の怪物ハンターや港のギャング、世界中の密輸業者たちが根城にする港街「ビルジウォーター」、そして、触れた者を破滅させる黒き霧に覆われた島「シャドウアイル」が登場します。

プレイアブルキャラクターには、主人公のイラオイとミス・フォーチュンのほかに、ヤスオ、アーリ、ブラウム、パイクら6人のチャンピオンが参戦予定です。





コミックアーティスト・Joe Madureira氏の率いるAirship Syndicateが開発を行い、Riot Games内のパブリッシングレーベルRiot Forgeが販売を担当。 2021年初頭にPC/PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチで発売後、PS5/Xbox Series X|Sでも発売予定です。なお、PS4/Xbox One版の所有者は、PS5/Xbox Series X|S版への無料アップグレードができます。


『Ruined King : A League of Legends Story』は2021年初頭に発売予定。価格は未定です。なお、本作の続報は12月に発表されるとのことです。