●Digital Chumps: 90/100(PS5)本作のPS5版は最高の出来だ。よくできたキャンペーンモードにはストーリー上の選択肢もあり、PC以外では最高とも言えるビジュアルを体験できる。マルチプレイヤーの新たな要素も良い。完璧か?と聞かれるとそうとは言えないが、次世代コンソールの『Call of Duty』としては素晴らしいスタートだ。●PlayStation LifeStyle: 90/100(PS5)●GamingTrend: 90/100(PS4)「Black Ops」が帰ってきた。素早い展開はそのままだし、撃ち合いも覚えている通りの素晴らしさだ。全体から見るとキャンペーンモードが心許ないが、それでもとても満足できるし、スパイ活動というストーリーもパンチがある。みんなが一番多くプレイするであろうマルチプレイヤーとゾンビモードが、本作一番の出来だ。そしてこれらはゲームとして最高のFPS体験となるだろう。PS4とXbox Oneでプレイしている人は、次世代機やPCが実現している改良点を味わうことはできないが、それでもこの素晴らしい体験をダメにするようなことはない。●Game Informer 88/100(PS5)本作で何よりも素晴らしいものがあるとすれば、それは遊び方を選べるという点だ。本シリーズでは珍しいことではないが、多くのプレイヤーのための様々なゲームモード、夏のヒット映画のような楽しいキャンペーンモードと、どんな遊び方でも楽しめる。●Everyeye.it: 85/100(PS4)●GamesBeat: 80/100(PS5)●Attack of the Fanboy: 80/100(PS4)本作は『Black Ops』というサブシリーズの原点回帰をしている。激しいキャンペーンモードに、ファストペースなマルチプレイヤー、そして見事なゾンビ体験だ。●COGconnected: 79/100(PS4)●Power Unlimited: 78/100(PS4)●PSX-Sense.nl: 75/100(PS4)この『Call of Duty』最新作は、スパイ活動と激しいアクションに満たされた楽しい冒険を提供してくれる。いつも通りとても楽しいのだが、ちょっと短い。マルチプレイヤーについて言えば、現時点でとてもコンパクトに感じる。モードもマップも少ないのだ。それでも、マップは十分楽しめるほど変化に富んでいるし、「Fireteam: Dirty Bomb」も楽しい追加要素だ。つまり、本作はよくできたゲームではあるのだが…『モダンウォーフェア』から少しだけ、一歩下がっているように感じてしまう。PS5/PS4/XSX/Xbox One/PCで発売中の『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PS4版が82点(総レビュー数9件)、XSX版が判定不可(総レビュー数1件)、Xbox One版が判定不可(総レビュー数0件)、PC版が判定不可(総レビュー数2件)、PS5版が86点(総レビュー数6件)をマークしています。『Call of Duty: Black Ops Cold War』は、人気FPSシリーズ最新作であり、サブシリーズ「Black Ops」第一作の正当な続編。キャンペーンモード、マルチプレイヤーモード、ゾンビモードを搭載しています。海外メディアレビューでは、素早い展開や次世代機版の映像表現が高評価。キャンペーンモードは少し短いという声があるものの、熱い展開で満足できると高い評価を得ています。『Call of Duty: Black Ops Cold War』は、PS5/PS4/XSX/Xbox One/PC向けに発売中です。UPDATE(2020/11/14 20:38):PS5版の発売日に誤りがあったためお詫びし訂正します。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。