CD PROJEKT REDは、先日行われた「Night City WIRE」第5回放送でも触れた『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』の「著作権保護楽曲の無効化機能」について、公式サイトで改めて詳細を伝えました。動画制作・配信における、ゲーム内楽曲への権利侵害トラブルを回避するため、#サイバーパンク2077 では「著作権保護楽曲の無効化機能」が提供される予定です。詳しくはこちらから:https://t.co/bsbeZHh9Yg pic.twitter.com/WhSGtELF2a— CD PROJEKT RED Japan (@CDPRJP) November 24, 2020 本機能は実況配信やプレイ動画、解説動画といった動画コンテンツを制作するプレイヤーが著作権のトラブルに巻き込まれないようにするもの。この機能を使用すると著作権で保護されたゲーム内の一部の曲が無効となり、著作権侵害によるアップロード動画の削除やアカウントBANなどの問題を回避することができます。もしこの機能を使用しているのにも関わらず何らかの問題に直面した場合、CD PROJEKT REDはサポートに最善を尽くすとこと。制作舞台裏: 音楽・サウンドトラック注目作だけに多くのプレイヤーが動画コンテンツを制作するであろう『サイバーパンク2077』。制作者は「著作権保護楽曲の無効化機能」の使用を忘れないようにしましょう。本作はPC/PS4/Xbox One/Stadiaを対象に2020年12月10日発売予定です。