新潟県佐渡市は、ニンテンドースイッチ対応ソフト『あつまれ どうぶつの森』を使ったオリジナル島「さどが島(しま)」を12月10日より公開します。「さどが島」は実際の佐渡島をモチーフにした島となっており、世界農業遺産に認定された「トキと共生する佐渡の里山」の棚田・田んぼアートや、金鉱石とスコップで表現した佐渡金山など、佐渡島に関連する様々なエリアを用意。仕掛けやマイデザインなども設置し、来島者を楽しませるとしています。今回の取り組みは、新型コロナウィルス感染症で遠方への旅行に行けない状況の中でも、気軽に佐渡市の観光名所や街並みなどをリモートで楽しんでもらえればとの想いから実施に至ったとのこと。また、佐渡市内の観光業従事者が独自に制作しているマイデザインを展示できるハブ施設を「さどが島」に設置し、佐渡市と佐渡市内のプレイヤーが一体となって島を盛り上げる「フェス参加型の島づくり」を行っていくとしています。気になる「夢番地」は後日改めて発表するとのこと。おうち時間で過ごすクリスマスや年末年始に、この「さどが島」を訪れてみてはいかがでしょうか。なお、任天堂は先日、企業・団体などへ向けた同作利用のガイドラインを公開しています。