SIE WWS JAPANスタジオのプロデューサーとして、PS5版『Demon's Souls』や『Bloodborne』『ASTRO BOT RESCUE MISSION』に携わってきた鳥山晃之氏が、12月末をもって同社を退職することを明らかにしました。今後は「新天地にて新規ゲームIPの創出にチャレンジするつもり」とのことです。

今月3日には、『SILENT HILL』や『SIREN』『GRAVITY DAZE』などに携わった外山圭一郎氏も、ソニー・インタラクティブエンタテインメントを退社し、新たなゲーム制作スタジオ「Bokeh Game Studio」の設立を発表していました。

ベテランクリエイターたちの新たな挑戦に、今後の期待が高まります。