マイクロソフトは、PC/Xbox/Android向けゲームサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」の2021年1月前半の対応ラインナップを海外向けに発表しました。スケジュールはいずれも現地時間で以下の通りとなっています。まもなく登場■1月7日『eFootball PES 2021 Season Update』(Android&コンソール)『Injustice 2』(Android&コンソール&PC)『The Little Acre』(Android&コンソール)■1月14日『Neoverse』(PC)『Torchlight III』(Android&コンソール)『What Remains of Edith Finch』(PC)『YIIK: A Postmodern RPG』(PC)まもなく対応終了■1月15日に終了『FTL: Faster Than Light』(PC)『My Friend Pedro』(コンソール&PC)『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』(コンソール)『鉄拳7』(コンソール)さらなる詳細はXbox Wireにてご確認ください。「Xbox Game Pass」はコンソール向けとPC向けがそれぞれ月額850円、Xbox Live GoldやEA Play(CS版)も含まれる「Ultimate」が月額1,100円で提供中。現在2021年1月25日頃まで「Ultimate」において最初の3か月が100円となるキャンペーンも開催中です。