『DEAD OR ALIVE』シリーズに含まれる動画を無断でDVDにコピーし販売したとして、神奈川県警が被疑者1名を書類送検したことが明らかとなりました。

被疑者は『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』などのゲーム内動画を撮影し、キャラクターの被服を削除するなどの改変を加えた内容をDVDに録画して、オークションサイトで販売していたとのこと。これに対しコーエーテクモゲームスは、神奈川県警に被害届を提出。今回、被服を削除するなどの一部改変があっても、著作権(複製権)の侵害に該当すると判断されたものです。

なお、同社は本件を特に悪質な行為であると判断し、刑事事件とは別に、著作権侵害に基づく損害賠償を求めて民事訴訟を提起する予定としています。

また、改めて同社の許可なく著作物を複製(一部改変物も含む)して配布・配信することは、著作権者の権利を侵害する行為であり違法にあたるとし、今後も著作権の侵害行為に対して厳格に対応すると同時に、多くのユーザーに満足してもらえるゲームを提供できるよう努力していくとしました。