Techlandが開発中のオープンワールドゾンビFPS『Dying Light 2』(PC/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One)について、同作のアートディレクター・脚本を務めていたPawel Selinger氏がスタジオを退職したことが明らかになりました。Selinger氏は1999年にTechlandに入社後、22年間にわたって同スタジオで『Dying Light』シリーズや『Call of Juarez』シリーズといったタイトルの制作に携わってきました。同氏はお別れのメッセージの中で、人生の半分を過ごしたTechlandに向けての謝意を表し、開発中の新作タイトル『Dying Light 2』の成功を祈願。同投稿には様々なゲーム業界人からの応援メッセージが集まっています。『Dying Light 2』はPC/PS4/Xbox One向けにリリース予定。PS5/Xbox Series X|Sでもプレイできることが報じられていますが、どういった形式でのリリースになるかは明らかにされていません。