スクウェア・エニックスは、People Can Flyが手掛ける新作Co-opシューター『OUTRIDERS』(PC/PS5/PS4/XSX/XB1/Stadia)について、PC版のシステム要件情報を公開しました。併せて、PC版ならではの機能を紹介するスポットライト映像・ショーケース映像も公開しています。映像によれば、PC版『OUTRIDERS』は2012年のCPUや2014年のグラフィックボードを搭載しているマシンでもシステム要件を満たすことができ、720p/60FPSで動作可能とのこと。また他にも、フレームレート上限の設定・解除や多岐にわたるグラフィック項目の調節、マウス・キーボード操作のカスタマイズ、ゲームパッド操作、UI表示項目のオン・オフ、全対応機種間のクロスプレイ、ウルトラワイドスクリーン表示、視野角(Field of View)調整、Dynamic Resolution Scaling機能、NVIDIA DLSS・NVIDIA Ansel・Razer Chroma RGB・Steamトレーディングカード及び背景への対応など、PC版ならではの機能が盛り沢山。システム要件最低(720p / 60fps)64ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です OS: Windows 10 プロセッサー: Intel I5-3470 / AMD FX-8350 メモリー: 8 GB RAM グラフィック: Nvidia GeForce GTX 750ti / AMD Radeon R9 270x DirectX: Version 11 ストレージ: 70 GB 利用可能推奨(1080p / 60fps)64ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です OS: Windows 10 プロセッサー: Intel i7-7700 / AMD Ryzen 5 1600 メモリー: 16 GB RAM グラフィック: Nvidia Geforce GTX 1060 6GB / AMD Radeon RX 480 8GB DirectX: Version 12 ストレージ: 70 GB 利用可能『OUTRIDERS』は、PC(Steam/Epic Gamesストア)向けに2021年4月2日より、PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/Stadia向けに2021年4月1日より発売予定。価格は8,778円(税込)で、CEROレーティングはZとなっています。国内版の言語仕様は英語音声・日本語字幕のみ。海外版との描写差異についてはスクウェア・エニックスのサポートページにてご確認いただけます。