Treyarchは、バトルロイヤルシューター『コール オブ デューティ ウォーゾーン(Call of Duty: Warzone)』に「スティムグリッチ」修正を含む最新アップデートパッチを配信しました。「スティムグリッチ」とは、ゲーム内の回復用アイテムを何度も使用可能になりゲームのエリア外(ダメージゾーン)に留まれるというもの。10月のアップデートで修正が発表されていましたが、ゲーム内で再び使用されていることが報告されていました。パッチノートでは、グリッチを削除するために「原因になりうるメカニズムを変更した」としています。アップデートでは、そのほか「キングスレイヤー」モードでの報酬とボーナス調整や『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー(Call of Duty: Black Ops Cold War)』武器の一部仕様などを変更。ゲームクラッシュの不具合修正などを含めた詳細なパッチノートは公式サイトをご覧ください。なお、本作のパッチノート公開は今後Raven Softwareの公式サイトへと移行するようです。