Rebellionは、ゾンビシューター『Zombie Army 4: Dead War』の配信を本日2月19日よりSteamにて開始しました。本作は『Sniper Elite』シリーズのスピンオフで、同シリーズの特徴である着弾時のキルカメラも盛り込まれた、最大4人co-opによる三人称視点のアクションシューターです。前作『Trilogy』で地獄に叩き落としたはずのヒトラーが復活した1940年代のヨーロッパを舞台に、あふれるゾンビを蹴散らしながら人類を救うために戦います。
2020年2月よりPC版がEpic Gamesストアにて時限独占で配信されていた本作ですが、今回のSteam版配信にあわせて、Epic Gamesストア版とのクロスプレイサポートが発表。また、すでに配信されている2シーズン分の追加コンテンツも利用可能となっています。

Steam版『Zombie Army 4: Dead War』は通常版のほか、DLCが同梱した「War Deluxe Edition」「War Super Deluxe Edition」の3バージョンが配信中です。