ディベロッパーCold Symmetryは2020年に発売した『Mortal Shell』の次世代機対応版『Mortal Shell: Enhanced Edition(モータルシェル:エンハンスドエディション)』を3月4日に海外向けに発売すると発表しました。あわせてトレイラーも公開されています。本作の特徴として妥協のない60fps、4K解像度、超高品質のテクスチャ、読み込み時間の大幅な短縮などが挙げられています。公式サイトでは、『Mortal Shell』と『Mortal Shell: Enhanced Edition』の画質をスライダーを動かして比較することができるようになっています。また、海外メディアGematsuによると、パッケージ版として29.99ドル/£24.99/€29.99のスタンダード版と39.99ドル/£34.99/€39.99のデラックス版が、2021年春に北米とヨーロッパの小売店で発売予定となっています。デラックスエディションにはコンセプトアートやイラストを収録した140ページのアートブック、専用のリバーシブルカバー、アートポストカードが用意されています。なお、PS4またはXbox Oneですでに『Mortal Shell』を所有している場合には、PS5およびXbox Series X|Sへの無料アップグレードを提供するとしています。日本ではDMM GAMESからPS5版『モータルシェル:エンハンスドエディション』が4,071円で5月20日に発売予定。日本の場合、PS4版所持者は100円でアップグレード可能とのことです。『Mortal Shell: Enhanced Edition』はPS5/Xbox Series X|S向けに海外で2021年3月4日発売予定、Steam版は2021年発売予定です。