2Kは、Telltale Gamesによるアドベンチャー『Tales from the Borderlands』のニンテンドースイッチ版を本日3月24日に発売しました。本作は『ボーダーランズ2』と『ボーダーランズ3』の間の出来事を描いたアドベンチャーゲームです。ハイペリオンの社員「リース」はハンサム・ジャックに強く憧れており、詐欺師の「フィオナ」よりヴォルトの鍵を購入しようと画策しますが、2人の取引は失敗。そして「Moxxi」や「Zer0」、「マーカス」、「クラップトラップ」といった過去作のキャラクター達が登場する中、2人は大金を取り戻すために協力して惑星パンドラを探索します。ストーリーはアクションシーンや会話中の選択肢によって変化するため、プレイヤーの判断によって物語は様々な結末を迎えます。ハクスラFPSとして知られている『ボーダーランズ』シリーズですが、本作は選択肢による会話やポイントアンドクリックによって物語を進めるアドベンチャーゲームです。元々2014年にリリースされ、販売停止になった後に2KからPS4やXbox Oneなどで再リリースされた本作ですが、本日3月24日にニンテンドースイッチ版も発売される形となりました。『Tales from the Borderlands』はPS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/PC(Steam/Epic Gamesストア)向けに発売中。本記事執筆時点では日本語には対応していません。