Frictional Gamesは、ホラーアドベンチャー『Amnesia: Rebirth』PC版に怪物や闇の恐怖を軽減する"アドベンチャーモード"を追加するアップデートを配信しました。本作は、これまで『Amnesia: The Dark Descent』『SOMA』などのホラーゲームを手がけてきたパブリッシャーが2020年10月にリリースした最新作。プレイヤーは主人公「タシュ」を操り、ここがどこなのか、自分に何が起きたのかそして彼女の過去に隠された秘密を明らかにしていきます。ゲームはパズル要素を含んだアクションアドベンチャーで、マップ内にいる怪物から隠れて逃げ延びる要素も用意されています。追加された"アドベンチャーモード"は、本作の物語を純粋に楽しみたい人向けに制作されたもの。「怪物が襲ってこなくなる」「暗闇が軽減されて見やすくなる」ように変更されたほか、追加のパズル要素も用意されています。同社では過去作『SOMA』でも同じような“Safe Mode”を実装した際に高評価を受け、本作でも「Safe Modeは追加されないのか?」との意見が多数届いたとのことです。『Amnesia: Rebirth』の"アドベンチャーモード"追加アップデートはPC(Steam/Epic Games ストア/GOG.com)向けに配信中。PS4版向けのアップデートも数週間以内に行われる予定です。また、アップデートを記念してPC版では40%オフになるセールも開催中です。