Bohemia Interactiveは、ミリタリーサンドボックス『Arma 3』向けのベトナム戦争DLC「S.O.G. Prairie Fire」を2020年Q2にリリースすることを発表しました。本作は、サードパーティと協力して制作する「ARMA 3 CREATOR DLC」の第3弾となるもの。タイトルにもなっている"SOG"は、ベトナムで秘密作戦を行うために1964年に設立されたアメリカ特殊部隊「MACV-SOG」を指す言葉で、本DLCで中心的な役割を担います。本作の開発を担当するSavageGame Designは、かつて部隊に所属していた人物などと協力して制作しているようです。DLCでは、ベトナム戦争の舞台となった300平方キロメートル内に「アメリカ陸軍」「ベトナム共和国陸軍」「ベトナム人民軍」「南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)」4つの派閥が登場。新たな武器や車両も用意されている5つのシングルプレイヤーミッションと、最大14人まで参加できるCo-opキャンペーン、そのほか9つのマルチプレイ用ミッションが収録されています。DLCを導入することで耳栓やトンネルなどの新システムも使用可能になるようです。なお、本DLCを持ってないフレンドとも一緒に遊べるようになるコンテンツをSteamワークショップ向けに配信予定。また、日本語を含むいくつかの言語の有志翻訳サポートも行われることが発表されています。『Arma 3』向けDLC「S.O.G. Prairie Fire」は、2021年Q2に22.99ドルで配信予定です。UPDATE(2021/4/6 23:25):本文を一部修正しました。