Activisionが、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』でゴーストを演じたジェフ・リーチ氏と関係を絶ったと、複数の海外メディアが伝えました。Twitterには、2017年から2020年にかけてジェフ・リーチ氏が発言した性差別的な発言がまとめられた動画が投稿。この映像にはストリーマーTheZombiUnicorn氏を侮辱する発言や、性差別的なものを含む暴言を発する様子が収められています。海外メディアCharlie INTELによると、Activisionはリーチ氏との関係を解除し、「性差別は我々の業界、ゲーム、社会には必要ありません。我々はこの発言を強く非難します。私たちはすべてのプレイヤーに楽しく安全な体験を提供することを約束します。」といった声明を発表しています。I've took some time to address this situation in a thoughtful way & add my voice in the rising concern with how companies like @facebookgaming, @activision & @callofduty continue to overlook prejudiced malicious behaviors by cis white men like Jeff Leachhttps://t.co/cUYd4qkQE6 pic.twitter.com/J8XnH4WFbO— Nati (they/them) (@TheZombiUnicorn) May 8, 2021 この対応はストリーマーTheZombiUnicorn氏による「なぜリーチ氏が未だにActivisionやFacebook Gamingとパートナーを維持しているのか」という訴えが再浮上したことによるものとしています。なお、本記事執筆時点では配信パートナーのFacebook Gamingは対応を明らかにしていません。For Luke to pretend:1) that the clip he grabbed wasn’t of me destroying a troll in chat2) taking the clip out of context to fit a character defaming narrative3) that he, like most streamers, doesn’t do the same......is just pathetic.— Jeff Leach (@jeffleach) May 8, 2021 Sure you are. So this isn’t a targeted character assassination? I guess Luke never says awful shit to people if they are female trolls right? pic.twitter.com/BYEirKiqAP— Jeff Leach (@jeffleach) May 8, 2021 なお、これに対してジェフ・リーチ氏は「文脈を無視して切り取られた動画で、個人を標的にした人格攻撃である」と反論。『ウォーゾーン』をプレイ中に発した暴言についても、荒らしユーザーに対して発したものであると説明しました。