アメリカの大手通信会社AT&Tが傘下のワーナーメディアを分割し、メディア企業ディスカバリーと統合して新会社を設立するとの発表がありましたが、この計画にはゲーム制作部門であるワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントにも影響を与えているようです。WB Games is getting broken up somehow due to AT&T's WarnerMedia-Discovery sale/merger. "Some of the gaming arm will stay with AT&T and some will go with the new company," rep tells Axios' @sarafischer. No further info. WB Games lists 11 studios, games for all kinds of IP, devices— Stephen Totilo (@stephentotilo) May 17, 2021 Correcting part of this tweet:1) The sale includes some of Warner Bros. Interactive/Warner Bros. Games, but not all. 2) The sale does include DC Comics. Discovery, through the new venture, now effectively co-owns DC Comics with WB.3) Rooster Teeth is part of the sale, yes.— julia alexander (@loudmouthjulia) May 17, 2021 海外メディアの報道によればゲーム制作部門の一部はAT&Tに残り、一部は新会社に移されるとのこと。ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントには『Mortal Kombat』『Injustice』シリーズのNetherRealm Studios、『Batman: Arkham』シリーズのRocksteady Studiosなど11のスタジオがありますが、今のところ各スタジオの行方は明らかとなっていません。現在は『ゴッサム・ナイツ』(WB Games Montréal)や『スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ』(Rocksteady Studios)、『ホグワーツ・レガシー』(Avalanche Software)などいくつかの新作ゲームが開発中ということで、今後が展開が気になる方も多いのではないでしょうか。