Osumia Gamesが2015年にリリースしたトップダウンビューの戦場アクション『RUNNING WITH RIFLES』。リリースから同時接続者数が数百人ほどだった本作ですが、とある配信の影響により突如として1万人を超えるプレイヤー数を獲得し、サーバー関連のアップデートを行う異例の事態が起こっています。

これは、中国のストリーマー「SONAR STUDIO(森纳映画)」によるものです。「ゲームに登場する医療キットは実際どうやって使うのか?」などの検証やゲーム紹介を行っているこのチャンネルで、2021年5月14日に『RUNNING WITH RIFLES』を紹介しました。

映像はたちまち人気を呼び、記事執筆時点(2021/5/28)ではYouTubeで44万回、bilibiliでは100万回を超える再生回数を獲得しました。その結果、デベロッパー発表で1週間で20万人以上の新規プレイヤーを獲得する事態が発生。SteamDBでも同時接続数が最大14,149人を記録しています。




本作はこれまでも定期的なアップデートを行っていましたが、本日5月28日にプレイヤーが急激に増えたことに対するサーバー機能改善を含むアップデートを実施。フレンドが現在遊んでいるサーバーの検索機能、サーバーへの参加予約機能などを追加したほか、サーバーに人が多いときのAI関連の更新も行っています。





『RUNNING WITH RIFLES』は、PC(Steam)向けに配信中。現在開催中の「オープンワールドセール」対象タイトルとして、6月1日まで75%オフで購入できます。