Koch Mediaよりリリースされているオープンワールドアクション『Saints Row: The Third Remastered(セインツロウ:ザ・サード リマスタード)』。本作で現在発生している日本語字幕の不具合について、将来的にアップデートで修正予定であることが明らかになりました。

本作は、2011年に発売されたクライムアクションシリーズ第3作『Saints Row: The Third』のリマスター作品。新たに作り直されたモデリングなどグラフィック表現を改善、オリジナル版のミッションパックを含むすべてのDLCがセットになった作品です。2020年にPC(Epic Gamesストア)/PS4、2021年5月にSteam/GOG.com向けにリリースされていました。

しかし、本作はSteamでのリリース以来「日本語字幕がおかしい」とのレビューが続いていました。本件についてGame*Spark編集部がKoch Mediaへと問い合わせた結果、字幕の問題は認識しており、時期に関しては未定ですが「修正予定である」との回答が得られました。

シリーズでも屈指の人気作品リマスターの本作。修正でサード・ストリート・セインツの活躍が遊びやすくなるよう期待したいところです。