セガは、WB Gamesより発売予定の協力型ゾンビFPS『Back 4 Blood(バック・フォー・ブラッド)』の、3種類の国内向けトレイラーを公開しました。

本作は、人類のほとんどが殺されるか、殺人的な寄生虫「デビルワーム」に感染しているという壊滅的な世界が舞台。「クリーナー」と呼ばれるスペシャリストたちが、滅亡の縁に立たされた人類のため、寄生虫感染の脅威の原因となるゾンビ「リドゥン」から世界を取り戻すために集結して戦います。『Left 4 Dead』シリーズの制作陣が携わるTurtle Rock Studiosの新作。

スペクタクルトレーラー

PvPゲームトレーラー

プレイアブル リドゥン紹介トレーラー

スペクタクルトレイラーでは、ゲームの魅力を改めて紹介。PvPゲームトレイラーでは、プレイヤー同士が対戦する「スワームモード」が紹介されています。スワームモードは、最大8人のプレイヤーがオンラインで参加可能。プレイヤーは4対4のチームに分かれ、「クリーナー」と「リドゥン(ゾンビ)」で交互にプレイします。クリーナーチームがリドゥンの攻撃に耐えられた時間に応じてポイントが付与され、より長く生き残ることができたチームが勝利となります。

リドゥン紹介トレイラーでは、スワームモードで使用可能なリドゥンを紹介。プレイヤーはリドゥンの視点からもゲームプレイが可能で、「トールボーイ」「ブルーザー」「クラッシャー」「リーカー」「エクスプローダー」「レッチ」「スティンガー」「ホッカー」「ストーカー」という9種のリドゥンを選択できるようになっています。リドゥンはそれぞれ独自の能力を持ち、チームをサポートしたり、試合の流れを変えたりすることが可能。さらに、それぞれの能力は「ミューテーション」によってアップグレードすることができるようです。

なお、8月13日から8月17日までオープンベータテストを実施予定。デジタル版先行予約特典の「オープンベータへの早期アクセス権」を持ったユーザーを対象とした「アーリーアクセス」は、8月6日から8月10日に実施予定です。

『Back 4 Blood』はPC(Steam/Epic Gamesストア)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに10月12日配信予定。ゲームサブスクサービス「Xbox Game Pass」「Xbox Game Pass for PC」にも提供されます。