Moebiusgamesは、火災避難シミュレーション『Panic Mode』の早期アクセスをWindows/Mac/Linux向けに開始しました。

本作は『レミングス』からインスパイアされたという生物「Pammies」を、火災が発生した建物から避難させるシミュレーション。プレイヤーは企業から雇われた危機管理担当者として、様々な道具を使って安全な避難の達成を目指します。




早期アクセスである現在は、10ステージある最初のバイオームが実装済みとなっており、正式版ではそれぞれに10〜15ステージが存在する5バイオームとなる予定です。さらに壊れて道になる壁や、火・水・煙以外の要素、レベルクリエイターなども今後実装される計画で、早期アクセスの期間は少なくとも1年とされています。

5月に公開されたティザー

『Panic Mode』はWindows/Mac/Linux向けにSteamにて620円(7月17日まで527円)で早期アクセスを実施中です。