スクウェア・エニックスのMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』にて、プレイヤー数が増えすぎたため一時ゲームのデジタルコピーが売り切れ状態になっていたようです。

これはRedditへのユーザー投稿で明らかになったもの。海外オンラインストアにてゲームを購入しようとすると売り切れと表示され、購入の順番待ちのリストに参加する必要があったようです。なお、現在はこの状態が解消されています。

ユーザー数増加の背景にはひとりのストリーマーが関与しているようです。『World of Warcraft』の実況配信で有名なAsmongold氏は、7月3日から『ファイナルファンタジーXIV』のプレイを開始。初回配信には20万人を超える視聴者が集まり、ゲーム内で同氏がゲームプレイを妨害されるような状況にもなっています。

Steam非公式データベースサイト「SteamDB」によると、同氏が『ファイナルファンタジーXIV』の配信を開始した7月からSteam版でもプレイヤー数が急増。7月5日にはこれまでの最大同時接続プレイヤー数となる58,046人を記録しています。なお、本作はこれまでにも何度か新規プレイヤーが登録できない状況になっています。


『ファイナルファンタジーXIV』はPC/PS5/PS4向けに現在サービス展開中。2021年11月23日には、最新拡張コンテンツ「暁月のフィナーレ」も配信開始予定です。