Cold Iron Studiosが現在開発中で、海外時間8月24日に発売予定の3人協力プレイ対応3人称視点シューター『Aliens: Fireteam Elite』の新たなゲームプレイ映像が、海外メディアGame Informerより公開されました。

本作は映画「エイリアン」3部作の23年後を舞台とするサバイバルシューティング作品。プレイヤーは、USSエンデバー所属の植民地海兵隊として、他のプレイヤーあるいはソロプレイ時のAIを加えた3人編成で、フェイスハガーやプレトリアン、あらゆる進化を遂げたゼノモーフらを相手に生き残りを賭けて戦うことになります。

この度新たに公開されたゲームプレイ映像では、プレイヤーが選択できるクラスの「ガンナー」「デモリッシャー」「テクニシャン」「ドクター」「リーコン」の5種類の内、終始「デモリッシャー」視点でのプレイ模様を収録。重武装のこのクラスでは、左肩より広範囲に強力な爆発を引き起こすロケット弾を発射できるとのこと。映像でも時折使用している様子が確認できます。


協力型PvEファン注目の『Aliens: Fireteam Elite』は、PC(Steam)/PS5/PS4/Xbox Series X/Xbox Oneを対象とし、海外向けに8月24日発売予定。また、日本国内向けPS5/PS4版が3gooより9月16日に発売予定です。