Dub! Duda baba dubababa dub! Duba baba dub? Duda duba dubba!

ドラゴンキラー編で最もよく使われるのが「Shall」の助動詞です。「Will」と似たような用法という説明もありますが、「Shall」はより義務の意味合いが強いもので、自分の意思では無く、契約や仕事、使命によってそうしなければならない、という場合に使います。ドラゴンキラー編に登場する人物の多くはドラグーンの使命として「Shall」を使っています。逆に、数少ない「Will」の方は使命を超えた自分の意思で行動する時で、ドラゴンキラー編ではこの2つの使い分けに注目して読みましょう。

練習問題の解答
『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』英文で読む名言集 宝石泥棒編―涙を失った珠魅達に愛の祝福を【ゲームで英語漬け#68】
問:
Belle:Well, all I can really do is say, “Have a nice dream!”
解答例:
ベル:つまり、私が言えるのは「いい夢見ろよ!」ってことだけですぅ。


紅き堕帝 The Fallen Emperor
Larc:We shall descend into the belly of the earth. Go at your own pace, and I shall follow.
ラルク:これから大地の腹の中へ降りていく。自分のペースで歩け、俺は従おう。

Olbohn:So Drakonis’s evil plans succeed now? I would love to help out...if the right position opened up.
オルボーン:ティアマットの悪巧みは上手くいきそうかな? 上手い役どころがあれば、私にも手伝わせて欲しいものだ。

Drakonis:Forgive me. great warrior, I am not one for pleasantries.
ティアマット:非礼を詫びよう。強き戦士よ、堅苦しいのは嫌いでな。

Larc:They think they keep order in the world but we need not be subjected to their rule.
ラルク:奴らは世界の秩序を保っていると思っているようだが、奴らのルールに従う必要は無い。

Descend:降下
Pleasantry:軽口、社交辞令
Subject:従う

群青の守護神 The Guardian of Winds
The wind caller:Thou shalt not pass!
Larc:Death awaits you!

風読み士:ここは通さんぞ!
ラルク:ならば死ね!

Larc:Stand down, whelps.
The wind caller:We may be weak, but we serve Akravator! We will stop you or die trying!
Larc:Your lives must mean little to your master...
The wind caller:What did you say!?
Larc:...but they mean even less to me!
Larc:The weak should obey the strong.

ラルク:どけ、雑魚共。
風読み士:我ら非力であろうとメガロード様に仕える身! 命を賭してもここは通さん!
ラルク:貴様らの主にとって命はその程度のものか…
風読み士:なんだと!?
ラルク:…だが奴らもさして変わらんな!
ラルク:弱者は強者に従うんだな。

Shalt:Shallの特殊形

紫紺の怨霊 The Ghost of Nemesis
Larc:We have come to see Jajara. Now let us through!
The ghost:Never, accursed fiends! I shall exterminate you here and now!
 I will send you back to the Underworld, where you belong!

ラルク:ジャジャラに会いに来た。さっさとここを通せ!
亡霊:そうはいかぬ、憎き悪魔め! 我がここで滅ぼしてくれようぞ!
 お前の居るべき奈落へと送り返してくれるわ!

Deathbringer:Bring a whole army if you must―you will not pass! Hmm!? Why, if it isn’t Larc the Conqueror!
Larc:We meet again at last, Deathbringer.
Deathbringer:So you serve Drakonis now... You should be a worthy opponent.

不死皇帝:総出でかかってこようとも、ここは通さぬ! 何っ!? 貴様は砦落としのラルクか!
ラルク:ようやくまた会えたな、不死皇帝。
不死皇帝:今はティアマットに仕えるか…相手に不足は無いわ!

Deathbringer:Ha ha ha... Most impressive! You just might be the one...
Larc:You have nothing to lose... But then...neither do I.

はっはっはっ…素晴らしい! 貴様等ならあるいは…
ラルク:堕ちるところまで堕ちたか…だが…それは俺も同じか。


Conqueror:征服者
Opponent:敵対者、相手

白妙の竜姫 The Dragon Princess
Sierra:I cannot allow anyone to disrupt the peace I strive to protect! Not even my own brother!
シエラ:私が守ってきた平和を乱すものは誰であっても許さん! たとえ実の弟でもな!

Vadise:Go, Larc. You will see the error of your ways.
ヴァディス:行きなさい、あなたの進む道の過ちを悟るでしょう。

Larc:I shall soon be free... Of course, so will Drakonis. But I have a plan...
ラルク:俺はもうすぐ自由…もちろんティアマットもだ。だが考えはある…

Strive:努める

真紅なる竜帝 The Crimson Dragon
Larc:I knew my actions were wrong...but I wanted to return...to the wrold of the living. Return...to...you...
Sierra:Larc... I will avenge you!

ラルク:俺の行いが間違いだと分かっていた…だが戻りたかったんだ…生者の世界に。姉さんの…もとに…
シエラ:ラルク…お前の仇は必ず取る!

Vadise:Drakonis’s weakness is his solitude. He trusts no one, he befriends no one.
Sierra:What shoud I do?
Vadise:All life is connected by ties that bind us to the world itself. That is your answer.
 Tha bonds of life bring love and support. They will help you greatly.

ヴァディス:ティアマットの弱さは孤独にあります。誰も信じず、友は誰もいない。
シエラ:私はどうすれば?
ヴァディス:全ての生命は世界そのものと絆で繋がっています。そこに答えがあります。
 命の絆が愛と支え合いを呼ぶのです。それが大いなる助けになるでしょう。

Vadise:Even the dragons, aloof as we are, seek to connect with other creatures through our dragoons. The world thrives on such bonds. Their existence is the law of nature.
我らのような孤高なドラゴンでさえも、ドラグーンを通じで他の生き物との繋がりを求めています。世界はその絆によって栄えるのです。それらの営みこそ自然の摂理。

Sierra:You cannot be expected to carry this burden alone!
Larc:But I must, Sierra! This is proof of my sin. The burden is mine and mine alone. I will not need a thousand years to break the dragon’s curse. And I have grown accustomed to life in the Underworld. So please, return to the forest.
Sierra:You have not changed a bit. You have always refused to acknowledge the anguish you cause me. Worry not, Larc. I will pay you a visit in due course.

ラルク:咎をお前一人で背負うことはないだろう!
ラルク:そうするべきなんだ、シエラ!これは俺の罪の証。咎は俺だけのものだ。俺なら夕の呪いを解くのに千年もかからない。奈落での暮らしもすっかり慣れてしまったからな。だから頼む、森に帰ってくれ。
シエラ:お前は少しも変わっていないな。お前のせいで私がしている苦労なんていつも知らん振りだ。心配するな、そのうち私が会いに行くよ。

・aloof:遠ざって、よそよそしい

練習問題:次の英文をひらがなだけで訳しなさい。
The Underworld went upside down and a burning castle came out.

最後の締めはサボテン君日記から。読みやすいひらがなの文は言葉選びに少し工夫が要ります。