ユービーアイソフトは、『アサシン クリード ヴァルハラ』に8月12日より大型拡張コンテンツ第2弾「パリ包囲戦」を配信すると発表しました。

この「パリ包囲戦」では、フランクの田園地帯を舞台にヴァイキングの歴史上最も悪名高き征服戦に向け、新たな敵に立ち向かうこととなります。新たな武器やアビリティ、装具などが登場するほか、最善の方法を自由に選択してターゲットを排除する「ブラックボックスミッション」の流れをくむ潜入ミッションも復活します。

また、7月29日より期間限定イベント「シグルブロット祭」が実装。レイヴンズソープの定住地では口論詩や拳闘大会、サイコロゲームなどが楽しめ、3つの新クエストもプレイが可能となります。さらに集落の装飾品、カスタマイズアイテム等の限定リワードのほか、イベント期間限定でフェスティバルショップのシグルブロットコインによって片手剣「スクロフナン」が入手できます。

シグルブロット祭を楽しむにはゲーム本編でイングランドに到達し、最初のクエスト「グランテブリッジシャー」または「レデチェスターシャー」のいずれかをクリアし、定住地レベルが2に到達している必要があります。なお、シーズン3後半に配信予定の追加アップデートでは、フランク王国とアイルランドの川沿いが含まれる新たな河川襲撃のマップパックが登場します。

『アサシン クリード ヴァルハラ』は、PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/Windows向けに配信中。大型拡張コンテンツ第2弾「パリ包囲戦」はシーズンパス所持者向けに配信されるほか、単体での購入も可能です。