マイクロソフトは『Microsoft Flight Simulator』について、Xbox Series X|S版のプレイが可能になったと発表しました。

本作は、2020年よりPC向けに発売され、地球全土がマップとなっていることなどで話題となったフライトシミュレーター。今回新たにXbox Series X|S向けダウンロード版とXbox Series X向けパッケージ版が発売され、7月28日午前0時よりプレイ可能に。「Xbox Game Pass」に対応しているため、同サービスを利用してXbox Series X|S上で本作を遊ぶことも可能です。

また、Xbox Series X|S版の解禁に合わせて、ゲームをより快適にプレイ可能にすることに焦点を当てたアップデートも配信。パフォーマンスが大幅に向上したほか、トレーニングやマップの改善、様々な名所を最適なコンディションで飛行できるディスカバリーフライト(Discovery Flights)、飛行中の作業をAIに素早く助けてもらうことのできるフライトアシスタント(Flight assistant)といった機能の追加などが行われています。

細かいアップデート内容はこちら(リンク先英語)でご確認ください。