電通は、成長・拡大・発展を続けるゲーミング市場での新たなビジネスチャンス獲得を目指し、e-Sports/デジタル事業にてグローバルな実績を持つSYNと業務提携契約を締結したと発表しました。

SYNはスペイン・マドリードに拠点を置き、「e-Sportsコンサルティング」「e-Sportsイベント企画」「プラットフォーム開発」を主な事業としてグローバル展開しています。

今回の提携により、Z世代/若年層を含むあらゆる世代のマーケティング/コミュニケーション分野に強みを持つ電通と、グローバルなe-Sports/デジタル事業のコンサルティング実績を持つSYN双方が専門分野を共有、その相乗効果によってゲーミング市場におけるより専門的かつ先進的な提案を実現し、顧客企業のマーケティング活性化や新たなビジネス創造へ向け、更なる貢献を目指すとのことです。

電通、スペインのSYNと業務提携―e-Sports&ゲーミング市場でのマーケティング活性化/新ビジネス創造貢献を目指す

ゲーミング市場(※)は、グローバルのみならず日本国内でも拡大を続けており、e-Sports市場よりも市場規模が大きいことから、今後発展が大きく望める注目分野です。特にZ世代をはじめとする若年層を中心にライフスタイルにおけるゲーミングの影響力が高まっており、企業のマーケティングにおいても活用事例が日々増えています。その一方で、成長市場であるがゆえに知見が十分ではなく、ビジネスチャンスを生かしきれていないことも課題として挙げられてきました。
※)「ゲーミング」は狭義でコンピューターゲームやビデオゲームをプレイすることを指すが、広義には、その対戦をスポーツ競技として捉える「e-Sports」のみならず、プレイ動画の実況・配信・視聴や、さらには関連するライフスタイル全般を含んだゲームに関わる消費活動全般を指す。

本提携によって、Z世代および若年層を中心としたあらゆるデータやマーケティング、コミュニケーション分野に強みを持つ電通と、グローバルレベルでのe-Sports事業やデジタル分野のコンサルティング実績を持つSYN社が双方の専門分野を共有することで、ゲーミング分野を活用したより専門的かつ先進的な提案が可能となり、顧客企業のマーケティング活性化やビジネス創造に貢献することを目指します。

【顧客への主な提供内容】
ゲームの開発・販売等を行うパブリッシャーやeスポーツチームと連携し、顧客課題を起点としたブランディング/マーケティング戦略の企画・実施
新規e-Sportsチームの構想、企画、立上げ、その後のマーケティング戦略の立案・実施
ゲーミング分野の新テクノロジーの開発・提供
行政や教育機関向けのゲーミングビジネス教育、Z世代向けのゲーミングキャリア形成教育等


【SYN 会社概要】
会社名
SYN DF CORP S.L.
所在地
スペイン・マドリード(Calle Pinar Madrid 28006 SPAIN NIF B42730549)
代表者
チャビ・コルテス・トゥビオ
事業内容
e-Sportsコンサルティング、e-Sportsイベント企画、プラットフォーム開発等
公式サイト
http://syndfcorp.com/ja/home2/