カリプソメディアジャパンは、ダークファンタジー×タクティカルRPG『ディサイプルズ リベレーション』を、PS5/PS4向けに2021年11月25日に発売することを発表しました。あわせてゲームプレイトレイラーが公開されています。

本作は、黄昏の世界ネヴェンダールを舞台とし、プレイヤーは主人公アヴィアンナとして、出会いと別れを経験しながら突き進みます。一つ一つの行動に戦略が必要なタクティカルバトルと仲間を選んで成長させるRPGが融合。プレイヤー自身が物語を紡ぎます。

ゲームの特徴
オトナのためのダークファンタジー × 戦略が重要なタクティカルRPG

◆美しきネヴェンダールの世界で繰り広げられるダークファンタジーの世界

ネフィリムとして生まれ、壮絶な人生を強いられる主人公のアヴィアンナが、 絶望や暗闇の中でもがき、「世界の解放」を手に入れるまでの道のりを描くダークファンタジー。 魔法やミステリー、陰謀、そして道徳的にグレーなキャラクターたちで物語全体が満たされます。


◆出逢いと別れを重ねるRPG

プレイヤーは主人公アヴィアンナを操作し、多種多様な仲間や種族との出会いと別れを繰り返しながら、 世界そのものを変える物語を体験していきます。

クエスト中のプレイヤーの選択により、仲間や種族との関係が目まぐるしく変化したり、 対話により目的を変えることができるなど、自由度の高いクエストで自分だけの結末を作り上げることができます。


◆一つひとつの行動に戦略が必要なタクティカルバトル

戦闘はマス目上でユニットを動かすターン制で展開。 ユニットを編成し、さまざまなスキルやアビリティを駆使して自分だけの編成で強大な敵対勢力に立ち向かいましょう。 また、本編とは別でオンライン対戦を楽しむこともできます。


ストーリー&主要キャラクター

「黄昏の双子」と呼ばれるアヴィアンナとオライオン。二人はネヴェンダールの各地で傭兵として参戦し、裕福ではないものの、エールを浴びるように飲むだけで 楽しく暮らすことができていた。二人の評判は次第に広まり、ある日、これまでにない大仕事が舞い込んできた。ミッションは、聖ダーチャイルド教会で近衛兵と 潜伏している、とある神官の暗殺。 最初は、簡単な仕事のはずだった。だが、教会の下水道を這い回るうちに、とある不安が脳裏にちらつく。そもそも誰が、こ の仕事を依頼してきたんだ?
『ディサイプルズ リベレーション』は、PSS5/PS4向けに2021年11月25日に発売予定。価格はパッケージ/ダウンロード版共通でPS4/PS5版7,678円です。PC(Steam)版は10月21日より先行配信予定で4,398円。PC版の日本語対応は11月25日から開始予定です。