気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Pine Studio開発、PC向けに8月27日にリリース(iOS/Android版はリリース済み)されたネコ救出パズル『Cats in Time』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、ジオラマのような世界でパズルを解きネコを救出するパズルゲーム。古代エジプトから20世紀後半のニューヨークの街、そして未来の東京など、様々な時代や場所でネコ探しを行います。隠れているネコは290匹以上。日本語にも対応済みです。

『Cats in Time』は、520円(モバイル版は基本プレイ無料)で配信中(Steam/iOS/Android)。


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

BorisPine StudioのBorisです。本作ではプロジェクトリーダーを担当しました。私たちはクロアチアを拠点とする小さなインディー開発スタジオで、面白いパズルゲーム開発を得意としています。私自身、パズルゲームをプレイするのは大好きですが、一番好きなのはレトロな2Dアクションゲームだったりします。

――本作の開発はなぜ始まったのですか?

Boris当初、本作は小さな宇宙人を救出するゲームになる予定でした。しかし、開発チームの中にそれほど宇宙人好きな人間がいないことに気がついたのです(笑)。しかし、チームの中にネコ好きがたくさんいることがわかり、だったらネコを救出するゲームを作り、同時に保護ネコの手助けをしようと思ったのです。私たちがどの様な活動をしているのか、こちらの記事(英語)を読んでいただければわかるかと思います。

(訳者注:本作中でネコが10万匹救出されるごとに、開発スタジオがクロアチア・ザグレブで活動する野良ネコ保護団体に10kgのキャットフードを寄付。本インタビューに答えていただいている時点で、すでに800万匹以上のネコがゲーム内で救出されたとのこと)

――本作の特徴を教えてください。

Boris本作は、3Dジオラマを探索し、パズルを解き、時間の中で迷子になったネコたちを助け出すパズルゲームです。可愛らしい脱出ゲームと探し物ゲームを組み合わせたような、リラックスできるゲームとなっています。私たちとしては「脱出ゲーム × ウォーリーをさがせ!…でもネコ!」のようなものだと思っています。

――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Boris本作はファミリーフレンドリーですので、ターゲットとしている層はとても幅広いです。仕事や学校の後にリラックスしたいような、子供以外の方にもチャレンジしがいがあるように作っていますが、やはりたくさんの小さな子供に楽しんでいただけているというのが嬉しいですね。そういうこともあり、とても若いファンの皆さんにより楽しんでいただけるよう、キッズモードを追加しました!

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Boris本作は「ウォーリーをさがせ!」から影響を受けています。この作品のユーモアや探し物要素が、私たちは大好きです。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Borisここ一年半、私たちは自宅から作業を行なっていますので、新型コロナによる開発への影響はありませんでした。私たちはクロアチア全土から集まった素晴らしいチームですので、楽しみながらゲーム開発を行っていますよ!

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Borisはい、配信も収益化もしていただいて大丈夫です。音楽もすべて本作のために作ったオリジナルですので、問題ありません。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Boris日本の読者の皆さん、本作を遊んでいただきありがとうございます!本作を通して、可愛いネコへの愛はインターナショナルなんだと、今一度証明できたと思っています!

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後のインディーデベロッパーにメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。