デベロッパーAtomTeamは、2020年5月より早期アクセスを展開していた終末ターンベースRPG『ATOM RPG: Trudograd』の正式リリース日が、現地時間9月13日に決定したことを発表しました。

本作は2018年にリリースされた『ATOM RPG』のスタンドアロン拡張/続編。ポストアポカリプスなソビエト連邦の巨大都市Trudogradを舞台に、遺物の保護を目的とした組織ATOMの新米エージェントとして人類最後の希望を探します。『ATOM RPG』のストーリーを継続しているため同作のプレイが推奨されており、データ引き継ぎも可能となっています。

初期の『Fallout』や『Wasteland』といった名作の伝統に従う『ATOM RPG: Trudograd』の早期アクセス版は、Steam/GOG.comにて配信中(Steamでは『ATOM RPG』とのバンドル版も)。早期アクセス版購入者には無料DLC「Veteran's Pack」が提供されるとのことです。