パブリッシャーParadox InteractiveとデベロッパーAbstractionは、火星都市運営シミュレーション『Surviving Mars』についてDLC「Below and Beyond」の配信を開始しました。

本DLCで焦点が当てられているのは火星の地下空間と小惑星。導入すると地下洞窟に施設を建て自然災害に見舞われるリスクの軽減を図る、火星上空を通過した小惑星に乗り込み新たな資源を獲得するといったことが可能に。また、新要素の追加に合わせて「Recon」「Expansion」研究ツリーの調整が行われています。DLCの主な特徴は以下の通りです。

基盤に立ち戻る - 地表の奥にある洞窟や溶岩洞へとコロニーを拡張しましょう。既存の建造物や地下専用の建造物を使って探検のための基地を建設できます。ただし、拡張の際には気をつけて。陥没が起こってすべてが台無しになるかもしれません。

新たな資源採掘 - 地表の下で、そして火星の外で資源を採掘できるようになります。資源採掘用の特別なロケット推進式建造物を作り上げ、接近中の小惑星で異星の鉱物やデータ標本を手に入れましょう。ただし、あまり長居してはいけません。小惑星はあなたの持ち物と一緒に去ってしまいます!

枝分かれする道 - 偵察と拡張の研究ツリーから、追加の建造物、乗り物、アップグレード、エリアがアンロックされます。また、小惑星採掘と地下コロニー化も同様にアンロックされます。
『Surviving Mars』DLC「Below and Beyond」はPC(Steam, GOG.com, Epic Games Store)/海外PS4/Xbox One向けに$19.99/2,050円(税込)で販売中。Steamでは9月9日午前2時までの期間限定で『Surviving Mars』本編の無料配布が行われています。