ユービーアイソフトは、5対5の対戦型FPS『レインボーシックス シージ』の新シーズン「Crystal Guard」の配信を開始しました。

このシーズンでは新たなオペレーターとなる「Osa」が参戦。持ち歩きはもちろん、設置もできる新たなシールド所持オペレーターです。メインウェポンにはThermiteが所有する「556XI」や、Jackalが所有する「PDW9」を装備できます。

ほかにも、Rookのアーマー値がHPに置き換え、Twitchのショックドローン所持数やジャンプの追加、Fuzeのクラスターチャージが補強済みオブジェクトを貫通するようになるなど、様々な調整も実施。古くから存在した「銀行」「クラブハウス」「海岸線」といったマップにもリワークが実施されています。

『レインボーシックスシージ』新シーズンとなる「Crystal Guard」は全プラットフォーム向けに配信中。9月9日から12日までは週末無料プレイおよびセールが実施されますので、気になっていた方はこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。パッチノートおよび追加パッチノートは公式サイトをご覧ください。