任天堂は、ニンテンドースイッチ向けのファームウェアアップデートVer.13.0.0を配信しました。

このアップデートでは、Bluetooth接続のヘッドホンやスピーカーなどへの対応、ドック内のソフトウェアの更新など、ニンテンドースイッチをより快適に使うための機能が追加されています。

Bluetoothオーディオ出力
Bluetooth接続のヘッドホン、イヤホン、スピーカーなどの機器を接続できるようになりました。

Bluetoothオーディオ使用時には、ワイヤレスコントローラーの最大接続数は2台までとなります。

ローカル通信時にはBluetoothオーディオは使用できません。Bluetoothマイクには対応していません。

ドックのソフトウェアアップデート
「Nintendo Switch」および「Nintendo Switch 有機ELモデル」にドックのソフトウェアアップデートの項目が追加されました。

この機能は有機ELモデルに同梱されるLANポート付きドックのみの対応です。また、「Nintendo Switch Lite」にはこの機能は追加されません。

スリープ中の常時有線インターネット接続
ニンテンドースイッチをスリープしても常に有線インターネット接続を続けられるようになりました。オフにすると一定間隔ごとにインターネットに接続してダウンロードを行う動作になりますが、その分消費電力が低下します。

この機能は、デフォルトでオンになっています。

スティック補正開始方法の変更
スティック補正時の補正開始動作が「スティック押し込み」から「一定方向に倒し続ける」に変更されました。

インターネットの無線電波周波数帯の表示
接続している無線インターネットの電波周波数帯が表示されるようになりました。

ファームウェアアップデートVer.13.0.0は、現在配信中。ニンテンドースイッチの本体設定の「本体」ページから「本体の更新」を選択することで更新が始まります。