スクウェア・エニックスが発売予定のマーベルゲーム最新作『Marvel’s Guardians of the Galaxy(マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)』が、ゴールド(開発完了)を発表しました。

本作は、コミックや映画などで展開されている「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を原作とした3人称視点アクションゲーム。プレイヤーはスター・ロードことピーター・クイルとなって、ガモーラ、ドラックス、ロケット、グルートといったお馴染みのメンバーたちと宇宙を救うために戦います。開発は新生『Deus Ex』シリーズや『Marvel’s Avengers』を開発したEidos-Montréalが手掛けます。

本作のストーリーは懐かしくも新しいオリジナルで、スター・ロードが引き起こしてしまった宇宙を巻き込む大惨事をきっかけに物語が始まります。

また、アイアン・メイデンやKISS、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックやリック・アストリーといったアーティストたちの80年代のヒットソングたちにノリながら戦えることも特徴。開発完了宣言により、いよいよ10月16日の発売を待つのみとなりました。

『Marvel’s Guardians of the Galaxy』は、PC(Steam/Epic Gamesストア)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチ(クラウド)向けに10月26日発売予定。パッケージ版はPS4/PS5版のみとなります。各プラットフォームには、オリジナル・サウンドトラックやミニアートブックなどが付属するデジタルデラックスエディションも用意されています。