『Super Blood Hockey』を開発したフィンランドのインディーデベロッパーLoren Lemcke氏は、発売予定の新作となる2D形式のアクションゲーム『Terror of Hemasaurus』のPCデモ版の配信を開始しました。

本作は、巨大なモンスターを操り、人が住む街で大暴れするローカル4人マルチ・シングルプレイ対応アクションゲーム。





プレイヤーは、気候変動で地球の差し迫った状態を危惧する聖トカゲ教会によって氷塊から解凍された4体のモンスターの1体として人類を粛清。

パンチで建物を攻撃したり、キックで人を蹴飛ばしたり、ビルによじ登り高所からのストンプ攻撃や、人を掴んで投げ飛ばすなど様々なアクションを駆使し、各ステージに設定された倒す人の数や、倒壊させる建物の割合などの目標の達成を目指します。

英語に対応するデモ版ではストーリーの導入部から、複数のステージを体験可能。こちらのSteamストアページで配信中です。

なお、デモ版とは異なり製品版では日本語にも対応予定。対応プラットフォームはPC/PS4/PS5/Xbox Series X|S/Xbox One/ニンテンドースイッチで、海外向けに2022年初頭に発売予定となっています。