Blizzard Entertainmentは、名作アクションRPGリマスター『ディアブロ II リザレクテッド(Diablo II: Resurrected)』のPC版に問題を修正するパッチを配信しました。

9月24日にリリースされ、Game*Sparkでは先行プレイレポートも掲載している本作ですが、配信開始直後にはサーバーが不安定となり緊急メンテナンスも行われていました。

配信されたパッチでは、一部のプレイヤーにおいて発生していたキャラクターや進行の消失問題に対応。これはオフ/オンラインでキャラクターに同じ名前を使用していることが原因であったとのことで、国内向けにも注意喚起がツイートされています。なお同パッチではほかにも、リージョンやシネマティクス、コントローラー使用、オーディオに関する問題も修正されています。

本パッチはPC版向けの配信ですが、コンソール版向けにも間も無くリリース予定であるとのこと。またキャラクターがロックアウトされる問題や、AVXに関する問題についても対応中であるとされています。

『ディアブロ II リザレクテッド』はPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/ニンテンドースイッチ/Windows(Battle.net)向けに配信中です。