Blizzard Entertainmentが贈る名作アクションRPGのリマスター『ディアブロ II リザレクテッド(Diablo II Resurrected)』。2000年に発売された『ディアブロ II 』とその拡張『Lord of Destruction』をひとまとめにしたリマスター作が9月24日、PC(Battle.net)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチ向けにリリースされました。

……実は筆者は『ディアブロ』シリーズはおろか、ハクスラ系アクションRPGはほぼ未経験。果たして、「『ディアブロ II』がシリーズ最高傑作と言われていることは知っている」 というレベルの知識しかない超初心者の筆者でも本作は楽しめるのでしょうか。

最初にお断りしておくと、本稿は発売タイミングで掲載予定だったのですが、脱稿直前に本作とは関係ないところで筆者のPCが不具合を起こしてプレイが不可能になるというアクシデントに見舞われ、このタイミングでの掲載となりました。そのため、本記事のプレイでは先行プレイ用ベータビルドを使用していること、製品版やバージョンアップ版と一部内容や仕様が異なる場合があることをあらかじめご了承ください。

ダークな世界にいざ突入!
本作を始めるにはまず、キャラクターを作成する必要があります。全部で7つのクラスがありますが、今回は体術に長けるというアサシン(左から2番目)を選択しました。なお、クロスプログレッションやオンラインマルチプレイを利用するには「オンライン」タブを選択する必要があります。

早速ニューゲームを選択すると、暗い村に放り込まれます。右も左も分からないまま村野中を散策していると、ローブを着た女性が……。話しかけてみると、「魔物の巣窟を駆逐してくれ!」と頼まれ、これが最初のクエストとなります。プレイ開始後真っ先に目につくのはUI下の2つの丸。赤い丸がヘルス(体力)を、青い丸がマナ(魔力)を表しています。暗い雰囲気といい、イカしたUIといい、すでに目を見張る要素がいくつも確認できますね。なるほどこれが『ディアブロ』か……。

村を出ると、早速敵と遭遇。ゾンビやデーモンたちと戦っていきます。基本的に1発〜数発で倒せる敵が多く、あまり苦戦はしないでしょう。

戦いをしていくと、敵がゴールドやポーション、効果のついた装備や強力な武器を落とすので、戦闘や探索を重ねれば重ねるほど自分を強化可能。そのため、ついつい目的を後回しにして一匹残らず駆逐したくなる…! そうして徐々にレベルを上げ解除した範囲攻撃魔法スキルなどを使えば、さらに効率よく敵を潰していけます。

なんとさらには、いつでもどこでも拠点に通じるポータルを開けてアイテム整理をしに行けてしまう「タウンポータルの巻物」や、レアアイテムは「鑑定の巻物」を使用して鑑定しないと装備できないという悪魔仕様により、狭いマス目型インベントリの中でいるもの・いらないものの取捨選択も重要になってきます。

村の近くの洞窟へ!
さて、お次はメインミッションを進めていきます。村の周りを探索していると、「邪悪の巣窟」というエリアが。ここがこのミッションの目的地となります。巣窟の中には外にいたゾンビやデーモンだけでなく、1度殺した敵を復活させるデーモンの魔法使いや巨大なトロールのような敵が現れます。

この巣窟は外とは打って変わって、赤みのかかった暗闇に点々と存在する灯り、そこに染められる敵の血が非常に禍々しい雰囲気を漂わせています。

非常にクールなビジュアルですが、オリジナル版はどうだったんだろう、と気になりませんか?ここで本作の機能、オリジナル版とリマスターの画面切り替え機能の出番です。ゲームをプレイ中いつでもどこでも、PC版の場合キーボードのGキーを押すと……

なんとシームレスにオリジナル版そのままの見た目に変更可能! まったく同じシーンのスクリーンショットですが、オリジナル版はよりグチャグチャな死体になっている気がしますね。

本作ではオリジナル版『Diablo II』からのセーブデータの引き継ぎも可能ですので(オフラインプレイ限定)、当時の記憶を呼び起こしながらリマスターされたビジュアルと比較するというような楽しみ方もできちゃいます。

リマスターされた美しいグラフィックももちろん綺麗なのですが、当時はどのようにしてこの場面が再現されていたのか?と気になったらすぐに試せます。 筆者はオリジナル版未プレイですので、オリジナル版との比較が簡単にできる非常に嬉しい機能になっています。原作を楽しんでいたユーザーは当時を懐古する目的でも使えますし、筆者のように当時を知らないユーザーにも楽しめる機能といえるでしょう。

なお、PC版のオリジナル版切り替え機能は英語テキストのみですが、ニンテンドースイッチ版は日本語テキストで表示されることを確認しました。

一旦休憩。しかし再起動すると……?
巣窟を制圧するミッションをクリアした後、筆者は一旦別の仕事をするためにゲームを終了。数時間後再びゲームを起動すると……なんと村の構造が変わっているのです。

最初は確かに東にあった村の出口が西に移動しているのです。一瞬データの消失を疑いヒヤッとしましたが、どうやら本作のオンラインプレイ限定でマップの構造が毎回変化するというローグライク系ゲームのようなシステムを搭載しているとのこと。

そのため、同じフレンドと同じ条件でプレイしても、毎回新鮮な気持ちでプレイできそうです。ミッションの進行状況や所有しているアイテム・装備などは引き継がれるものの、倒した敵たちはまた復活しているので、これはとんでもない時間泥棒の予感がします……!

筆者は今回『ディアブロ』シリーズを初めてプレイしましたが、1,2ミッション分をプレイしただけでも本場(?)のハクスラが持つ高い中毒性を体感できました。約20年前のオリジナル版に基本的に忠実なリマスターであるようなので、チュートリアルの不足によるとっつきづらさは少し感じますが、それを補って余りあるほどの魅力を持った作品であると感じます。

『ディアブロ II リザレクテッド』はPC(Battle.net)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチ向けに現在配信中。本作と『ディアブロ III』がセットになったお得パッケージ「プライムイービル コレクション」も販売中です。