Pikiiは、名作ローグライクアクションの最終章となる『The Binding of Isaac: Repentance』のPS5/ニンテンドースイッチ版を2022年に発売することを発表しました。

本作は、ランダム生成の地下ダンジョンを冒険し、安全な場所を求め不気味でちょっとグロテスクなバケモノたちに立ち向かうローグライクアクションゲーム。700種類以上のアイテムや17人以上のプレイアブルキャラクター、豊富なゲームモードや「たくさんのう◯ち!」などが用意された決定版とも呼べるパッケージになります。

このパッケージは日本で発売された『The Binding of Isaac: Rebirth(アイザックの伝説)』に加え、日本未発売となる『Afterbirth』『Afterbirth+』のすべてのコンテンツや多数の新要素を収録し、さらにゲームバランスやグラフィックの調整なども施されています。

9月30日から10月3日に開催されるイベント「東京ゲームショウ2021オンライン」にも出展されるほか、10月2日11時頃より放送される「Happinet GAME SHOWCASE in TGS2021」内でゲーム情報やトレイラーが配信される予定です。

PS5/ニンテンドースイッチ版『The Binding of Isaac: Repentance』は、2022年春配信予定。パッケージ版も発売予定です。なお、公式サイトでは対応言語に日本語が表記されています。