Team17がFPS『Hell Let Loose』PS5版をリリースし、10月のPlayStation Plusフリープレイタイトルにもなっていることを、国内での窓口を担当する架け橋ゲームズが発表しました。

本作は7月にPC(Steam)版が正式リリースされた第二次世界大戦を舞台としたハードコアなFPS。広大なマップでの50対50のマルチプレイが特徴で、プレイヤーは歩兵や斥候部隊、戦車部隊に属する14種類の役割から1つを選んで戦闘に参加します。

また各プラットフォーム向けとして追加コンテンツ「Iron Vanguard」も同時リリースされています。

なお架け橋ゲームズによる日本語ローカライズがPC版にも適用されている本作ですが、既に発表されていた通りPlayStation Plusの10月フリープレイタイトルとしても提供中。さらに海外ではXbox Series X|S向けにもリリースされています。

『Hell Let Loose』PS5版は4,070円で配信中です。