●Stevivor: 100/100(XSX)
本作は、名リマスターだ。プレイしている間、私は何度も何度も「このゲーム、最高」と声に出してしまったほどだ。私は(オリジナル版の続編である)『Alan Wake's American Nightmare』をまたプレイしてしまったし、この馬鹿げた季節が落ち着いたら『Control』をもう一度プレイしようと思っている。Remedyの作り出すユニバースが、私の心を捉えて離さないのだ。本リマスターは、2021年にふさわしい作品であるだけでなく、2010年から当スタジオがどれだけ成長したかをしっかりと見せつけてくれる。

●Gfinity: 90/100(PS5)

●Atomix: 88/100(PS5)
本作は、あなたが思う以上に奥深い作品だ。ゲームエンジンの変更やすべての改善点により、ブライトフォールズへの帰還は素晴らしいものとなっている。

●GamingTrend: 85/100(PS5)

●GameSpot: 80/100(PS5)
ビジュアル的な問題はさておき、本作がリリースされて本当に嬉しい。本作は、Remedyが2010年にリリースしたタイトルの、最も綺麗で、最も完成度の高いバージョンであり、Xbox 360で発売された当時と同様、今でも十分に通用する作品だ。PC版を持っているなら、本作はおそらく手に入れなくてもいいだろう。ビジュアルが強化されているのはいいことだが、もう一度購入するほどの大きな変化ではない。

●VGC: 80/100(PS5)

●GameSkinny: 80/100(XSX)
『Alan Wake』は、そのユニークなストーリーと魅惑的な雰囲気のおかげで、今の時代でも輝きを放っている。リマスターされたビジュアルは、本作を現代的な作品にしており、続編が出るのは間違いないだろう。

●VG247: 80/100(XSX)

●GameByte: 75/100(PS5)

●Push Square: 60/100(PS5)
既存のファンにとって、2010年に発売された『Alan Wake』を現行機でプレイするには、この無駄のないリマスターが最適なのだが、2021年において、本作の多くが通用しない。ホラーとしては怖くないし、スリラーとしては冗長な部分がとても退屈だし、アクションゲームとしては戦闘が刺激的でなく同じことの繰り返しなので、つまらない。本作には興味深い謎があるが、アラン・ウェイク本人のように、それを見つけるためには地獄を見なければならない。

PC/PS5/PS4/XSX/Xbox Oneを対象に10月5日に発売された『Alan Wake Remastered』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PC版が判定不可(総レビュー数1件)、PS5版が81点(総レビュー数28件)、PS4版が判定不可(総レビュー数0件)、XSX版が82点(総レビュー数15件)、Xbox One版が判定不可(総レビュー数0件)をマークしています。

『Alan Wake Remastered』は、2010年に発売されたRemedy Entertainment手がけるアクションスリラー『Alan Wake』のリマスター版。太平洋岸北西部の街ブライトフォールズを舞台に、問題を抱えた作家アラン・ウェイクが闇に立ち向かいながら行方不明の妻アリスを探します。メディアレビューでは、オリジナル版でも高い評価を受けたストーリーや雰囲気が高評価に繋がっている一方、「現代でも通用する」と言っているメディアと、「時代遅れ」と言うメディアが分かれています。

『Alan Wake Remastered』は、PC(Epic Gamesストア)/PS5/PS4/XSX/Xbox Oneを対象に発売中です。