The Farm 51は、タクティカルFPS『World War 3』のクローズドベータテスト(CBT)を11月25日から開始することを発表しました。また、オープンベータテスト以降は本作が基本プレイ無料で提供されることも明かされています。

本作は、2018年からSteam早期アクセスを開始し、2020年に一度販売を停止したマルチプレイヤータクティカルFPS。再リリースのためにトレイラー公開やクローズドアルファテストの開催などが重ねられていました。

11月25日からの開催が発表されたCBTの参加には、14.99ドルから購入できるクローズドベータパックの購入が必要。エディションによってバトルパスやゲーム内アイテムが付属するので、購入する場合は比較表を参照しましょう。10月4日までに早期アクセスの購入者については、感謝の意を込めてCBTの参加に必要な「Veteran Pack」が無償で提供されるとのこと。これから始めるプレイヤーはクローズドベータパックの購入がCBT参加の条件になりますが、既に早期アクセス版を購入しているユーザーは追加費用なくCBTへ参加可能です。なお、2022年3月から行われるオープンベータテスト以降は、基本プレイ無料形式に変更されます。

『World War 3』クローズドベータテストは、11月25日から2022年3月まで開催予定で、その後無料のオープンベータテストがスタートします。