Iceberg Interactiveは、Poetic開発のサイコロジカルRPG『Sacred Fire: A Role Playing Game』の早期アクセスをWindows/Mac/Linux向けに開始し、あわせてローンチトレイラーを公開しました。

本作はローマに追われて難民となった主人公としての人生を体験するRPG。主人公は内面外面ともにカスタマイズが可能で、それによってプレイスタイルが変わることになります。また主人公の性別によってもニュアンス的ではあるが意味のある違いが生じるとのことです。

恐れや怒りによって行動が影響されるため、それらを制御する意志力が重要。そうした感情の要素は戦闘においても影響してきます。また本作にはストーリー上の重要なNPCとして、海外版『ウィッチャー』ゲラルト役のダグ・コックルさんも出演していることが以前から宣伝されています。

早期アクセスの現在は全3章中の1つ目の章がプレイ可能で、残りは数カ月のうちに無料アップデートで追加予定。早期アクセス期間は6〜9カ月の予定とされています。

『Sacred Fire: A Role Playing Game』はWindows/Mac/Linux向けにSteamにて1,840円(10月26日まで1,656円)、GOG.comにて17.99ドル(10月26日0時まで16.19ドル)で早期アクセスを実施中です。